童謡協会とは

 

日本童謡協会(The Association of Children’s Song Writers in Japan 略ACS)は、1969(S44)年4月創立されました。
会員である詩人、作曲家は、先人のすぐれた童謡を受け継ぎ、
現代の子どもたちに愛される新しい童謡の創作をめざしています。
1984(S59)年に、毎年7月1日を「童謡の日」として制定。
1989(H元)年には文部省より社団法人として認可され、
2013(25)年に内閣府より一般社団法人として認可されました。
初代会長はサトウハチロー、2代会長は中田喜直、現会長は湯山 昭です。

協会事業

童謡祭
毎年会員の作詩、作曲による新しい童謡を発表する音楽会を開催しています。ecalbt011_005


こどものコーラス展
毎年会員の作詩、作曲による新作児童合唱曲の音楽会を開催しています。ecalbt011_005


年間童謡詩集 こどものうた
毎年詩人会員の新作による童謡詩集を発行しています。ecalbt011_005


日本童謡賞
毎年「童謡の日」に、前年度の全童謡業績を対象としてこれを審査したものの中から優秀なものに<日本童謡賞>を贈呈しています。ecalbt011_005


童謡文化賞
2002年に東京書籍株式会社の協賛を得て創設されました。日本国内において童謡文化の普及発展に寄与した「個人」もしくは「団体」に<童謡文化賞>を贈呈しています。ecalbt011_005


三木露風賞 新しい童謡コンクール
1984年以来、兵庫県たつの市と共催して全国から詩を公募、優秀作品に作曲し、新作童謡を世に送りだしています。ecalbt011_005


童謡こどもの歌コンクール
株式会社日本公文教育研究会と共同提唱し、毎年歌唱コンクールを行っています。各部門(子ども、大人、ファミリー部門)の金賞受賞者に三笠宮寛仁親王牌が授与され、BS朝日を通じ全国にテレビ放送されています。ecalbt011_005


海外との交流
海外の図書館等へ童謡協会の出版物を寄贈するなど、交流をはかっています。


会報の発行
毎年4回、会報「日本童謡協会」を発行しています。


出版
各種楽譜集、詩集、CDを発行しています。ecalbt011_005


その他
全国の地方自治体、関連団体との共催・後援・協賛・コンクール審査員の派遣・童謡コンサートの制作協力を多数行っています。