「第32回童謡こどもの歌コンクール」グランプリ大会観覧申し込みについて

アサイド

今年もいよいよグランプリ大会が開催されます。
観覧を希望される方は、Webまたは、ハガキで申し込みをお願いいたします。
抽選で観覧ハガキをお送りいたします。
今年も素晴らしい歌声を会場でご覧ください。

2017年11月19日(日)EXシアター六本木 開場13:30  開演14:30 予定

ハガキでのお申し込みの際は、下記の内容を必ずご記入してお送りください。
タイトル「童謡こどもの歌コンクール グランプリ大会 観覧申込み」

■ご記入内容
・氏名
・フリガナ
・年齢
・性別
・職業
・郵便番号
・住所
・連絡先電話番号
・観覧申込人数 1~4名を記入

■申込み郵送先
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町10番13号野元第一ビル
しゅくみねっと株式会社 内
童謡こどもの歌コンクール事務局 宛
締切 2017年10月20日(金)消印有効

WEBの申し込みはこちらから

「第23回ひろの童謡まつり」開催のお知らせ

アサイド

第23回ひろの童謡まつり ~心の復興~
開催日 2017年10月14日(土)
場所  広野町中央体育館
開場  13:00
開演  13:30
出演者 眞理ヨシコ たいらいさお 西山琴恵 渡辺かおり 上 雅子(ピアノ)

 

「第40回童謡祭」が開催されました!!

アサイド

お陰様で、「第40回童謡祭」(2017年8月21日(月)・板橋区立文化会館大ホールにて開催)を盛況のうちに終えることがで出来ました。
今年は48曲の童謡の新曲が発表されました。
また<童謡100年みんなでうたおう~中山晋平生誕130年~>と題して
中山晋平の作った名作童謡をお聞き頂きました。
ご来場頂きました皆さま、関係者の皆様、どうもありがとうございました!
写真が届きましたので、いくつかアップさせて頂きます。

オープニング「赤い鳥小鳥」を出演者の皆さん全員で

土屋朱帆さん         たいらいさおさん

髙橋 寛さん

ことのみ児童合唱団のみさなん


塩野雅子さん         稲村なおこさん

ミュージカルアカデミードリームひつじ合唱団のみなさん


雨宮知子さん

田中久美子さん         市田絢子さん


川口京子さん         渡辺かおりさん


すずかけ児童合唱団のみなさん


西山琴恵さん


 



当日のレポートは、また後日掲載させて頂きます。

第47回日本童謡賞・2017年童謡文化賞の贈呈式が行われました!

アサイド

2017年6月30日、東京ガーデンパレスにて、
「第47回日本童謡・2017年童謡文化賞」の贈呈式が行われました。
今年度の受賞者は以下の通りです。

☆日本童謡賞・・・該当なし
☆日本童謡賞特別賞・・・ 「おにいちゃんの紙飛行機」大楠翠 著(銀の鈴社刊)
☆ 〃     ・・・ とっくんこの会
☆ 〃     ・・・ ことのみ児童合唱団
☆ 〃     ・・・ NPO杉並文化村

☆2017年童謡文化賞・・・福島県広野町

☆感謝状・・・安西愛子
☆ 〃 ・・・銀の鈴社

贈呈理由及び、受賞者のプロフィールは以下のリンクからご覧ください。
日本童謡賞 贈呈理由
童謡文化賞 贈呈理由

~当日の様子をお伝えいたします~
湯山会長より開会の挨拶

宮中副会長より審査の経過報告

日本童謡賞・新人賞を受賞された 大楠 翠様


日本童謡賞・特別賞を受賞された、「とっくんこの会」を代表して、
あべこうぞう様

日本童謡賞・特別賞を受賞された「ことのみ児童合唱団」
指導者の井上美都様と合唱団のこどもたちです。


同じく日本童謡賞・特別賞を受賞された、「NPO杉並文化村」を代表して、
事務局の富田秀雄様

続いて、湯山会長より、2017年童謡文化賞の審査経緯についての説明中、
会長の音頭にのって、会場の皆さんで歌を歌い、和やかな雰囲気。

童謡文化賞を受賞された「福島県広野町」の遠藤智町長



続いて感謝状の贈呈です。
安西愛子様
1949年NHK「うたのおばさん」にてデビュー以来、長年に亘って童謡文化の発展に貢献されました。感謝の意を表し、あわせて当年100歳を迎えられたことを賛美し贈呈いたしました。
(賞状を受け取るのは、御子息の安西重貴様)


同じく、感謝状を童謡賞・新人賞を受賞した、「おにいちゃんの紙飛行機」を発刊された、株式会社銀の鈴社様(代表・西野真由美様)に贈賞いたしました。

閉会にあたりまして、元文化庁長官 吉田茂様に祝辞をいただきました。

続きまして、祝賀懇親パーティーの様子です。
東京書籍株式会社代表取締役社長 千石雅仁様、

一般社団法人日本音楽著作権協会 理事長 浅石道夫様
より祝辞を頂きました。

乾杯は、一般社団法人日本音楽著作権協会 理事長 いではく様です。

アトラクションでは、童謡歌手のみなさん、ことのみ児童合唱団のみなさんに、
歌を披露して頂き、楽しい時間となりました。

以上をもちまして、盛会のうちに無事に終了することが出来ました。
受賞者の皆様、おめでとうございました!!
ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました!!

追記
感謝状を贈呈致しました安西愛子様が76日午後に逝去されました。
安西愛子様のご冥福を深くお祈りし、謹んでお知らせ申しあげます。

第40回童謡祭チケット発売中です!

第40回童謡祭
2017年8月21日(月)
14:00~
板橋区立文化会館大ホール
大人2000円 こども(小学生)1000円 未就学児無料
チケットお問い合わせ
・一般社団法人日本童謡協会 TEL/03-3263-5766
・公益財団法人板橋区文化・国際交流財団 チケット専用ダイヤル/03-3579-5666

「小黒恵子童謡記念館」リニューアルオープンのお知らせ

川崎市出身の詩人・童謡作家であり、童謡協会の会員としても活躍された小黒恵子氏(平成26年4月1日に逝去)は、川崎市に自身が開設された童謡記念館の土地や建物、展示資料などの財産を遺贈されました。

その後、童謡記念館のこれまでの姿をできるだけ残しながら、建物や展示品を活用し、「童謡文化体験の場」と「地域の憩い、交流の場」とすることを目的として、平成29年4月1日にリニューアルオープンしました。

小黒恵子氏の功績を紹介した展示のほか、貸室や貸ホール、憩いの部屋の提供も行われています。

詳細は以下のリンクからご覧ください
小黒恵子童謡記念館

第21回こどものコーラス展開催される

3月19日、午後2時より東京・府中の森芸術劇場どりーむホールで第21回こどものコーラス展が開催された。始まりは「あいうえどうぶつえん」(小林純一作詩 芥川也寸志作曲)のリレー合唱。司会は西山琴恵さん。

第1部はそれぞれの合唱団の紹介を交えながら進行し、楽しいフリを付けての合唱もあり、会場は拍手で沸いた。

第1部後半は〈自由演奏曲〉と題するコーナー。それぞれの合唱団が普段歌っている歌を披露してもらおうとする企画である。
ことのみ児童合唱団は「花」(武島羽衣作詩 瀧 廉太郎作曲 信長貴富編曲)をアカペラで

ミュージカルアカデミードリーム「ひつじ合唱団」は「水ぐるま」(村上金三郎作詩 川口 晃作曲)をピアノも指揮も中学生による合唱で、

台東区上野の森ジュニア合唱団は地元の歌とも言える「あの道 この道 通りゃんせ」(宮田滋子作詩 若松正司作曲)を楽しく歌ってくれた。

ハッピーハーモニーは「みんなが好きな曲」と言う「明日にむかって」(金の鳥の歌制作委員会作詩 小林 登作曲)を、

クラウン少女合唱団は大人の先輩合唱団と日常的に交流がある団らしく「この時代に」(中山真理作詩・作曲)を、

多摩ファミリーシンガーズは「本物を取り寄せた」と言うササラやコキリコ棒を使って「コキリコの歌」(富山民謡 寺島尚彦編曲)を、それぞれ披露してくれた。

様々な歌・声の魅力に触れることが出来、又各合唱団が普段から表現を磨いている様子が垣間見られて、会場からは満足の声が聞かれた。

第2部は各合唱団の今後の活動予定を紹介しながら進行。23の曲が初演された。
美しい響きの23曲。西山琴恵さんの言う「清々しく、うれしく、楽しい」2時間だった。
フィナーレでは、前回までのコーラス展実行委員長で昨年6月に逝去された小森昭宏氏を偲んで「かぜよふけふけ」(山元護久作詩 小森昭宏作曲)を全員で合唱した。閉会の挨拶で早川史郎実行委員長は「童謡協会では、楽しく・やさしく・新しくをモットーにコーラス展を作っています」と協会の姿勢を語った。

「さくら」(関原斉子作詩 中田喜直作曲)と「いま生きるこどもマーチ」(こわせ・たまみ作詩 湯山 昭作曲)を湯山 昭会長の指揮で全員合唱して閉幕した。