第35回童謡祭の様子


第35回童謡祭、オープニングは出演者全員で「栗鼠栗鼠小栗鼠」(作詞 北原白秋 作曲 成田為三)を歌いました。この歌の詩は、児童文芸雑誌「赤い鳥」創刊号の巻頭を飾った詩です。

 


今年も出演してくださった、板橋区みその幼稚園年長組のこどもたち。
毎回元気いっぱいの歌声を聴かせてくれます。

 

 

 

童謡協会ではおなじみの、すずかけ児童合唱団のみなさん。
澄んだ歌声がとてもきれいでした。
たったひとりの参加だった男の子も、手作りの帽子をかぶって元気に歌ってくれました。

お揃いの色違いの衣装で登場、
歌手の(左から)山岡ゆうこさん、土屋朱帆さん。

歌手の(左から)岡崎裕美さん、川口京子さん、高橋寛さん、
西山琴恵さん、田中久美子さん。

続いて西慧子さん、塩野雅子さん、稲村なおこさん、たいらいさおさん。

雨宮知子さん

大和田りつこさん

ピアニストの皆さん

終演後の打ち上げの様子

今年からは新しい童謡に加え、「童謡100年に向って」と題したコーナーを作り、
大正時代の童謡名曲が歌われました。
「赤い鳥」創刊から今年で94年、あと6年で童謡100年を迎えます
童謡祭では今回より毎年、童謡の歩みを振り返っていく予定ですので、
こちらもお楽しみに。

第35回童謡祭が開催されました!

9月1日(土)、板橋区立文化会館大ホールにて
「第35回童謡祭」が開催されました。
当日は暑い中、たくさんの方にご来場頂きまして
ありがとうございました!!
詳しい様子は、写真ができましたら、
またレポートさせて頂きます 😀
「第36回童謡祭」は2013年9月7日(土)、
板橋区立文化会館にて開催予定です。